HIGASHIYUKIⓇ公式サイト
Share This
Scroll Down
Back to Portfolio

AIロボット「鉄腕アトム」製品プロモーションVideo Graphics Design

株式会社 講談社様 コニュニケーションロボット・ATOM PV 制作案件

Details
//MY PRODUCT
株式会社講談社「コニュニケーションロボット・ATOM PV」作品サムネイルデザイン

モーショングラフィックス ・フルアニメーション動画制作

東京都文京区の株式会社 講談社様からご依頼いただき制作した、AI搭載・日本初の本格的キャラクター型コミュニケーション・ロボットATOMのイメージプロモーション動画です。この作品は講談社で行われた製品完成披露記者会見の会場内で映像公開後、製品ウェブサイトやYoutube公式アカウントでご利用頂きました。

01.

株式会社 講談社 コニュニケーションロボット・ATOM PV

「コミュニケーション・ロボットATOM」は、講談社が2017年4月に創刊した『週刊 鉄腕アトムを作ろう!』という分冊百科を読者が少しずつ組み立てると出来あがるロボットで、全70巻を集めると完結して完成となります。

分冊百科が完結する2018年9月11日、その前日に行われた講談社主催の製品完成披露記者会見の会場内でこのプロモーションムービーが公開されました。その後この映像作品は、コミュニケーション・ロボットATOM製品ウェブサイトやYoutube公式アカウントでも採用して頂きました。

Date :
2018 9/10
Project :
プロモーションビデオ
Spec :
MP4 / H.264 59.95fps
Brand :
鉄腕アトム(AIロボット)
Client :
株式会社 講談社
Skills :
Aftereffects, Logic Pro X
View Client Website

制作に際してのクリエイティブディレクション・デザインPOINT

「一体アトムのどんな製品が登場するのだろう」というワクワク感をオープニングから演出

「製品完成披露記者会見」で放映される動画コンテンツということもあり、極秘工場で量産体制に入ったコミュニケーション・ロボットATOMが間も無く目覚める、という仮想イメージでオープニングシーンを作りました。インダストリアル+テクノロジーを連想させるアニメーションからATOMロゴと共に製品のパーツアップシーンを複雑なエフェクトと共に躍動的に演出しました。

鉄腕アトムの心優しさや元気さと家族団欒の温もりを統合した演出

「アトムが我が家にやってくる」のモーションテキストシーンからイメージが一新し、鮮やかなアニメーションに合わせて衣装を着たアトム製品本体と、家族団欒を象徴するイメージ写真、印象強いキャッチコピーが目の前に迫って来ます。このシーンでは「鉄腕アトムの心優しさや元気さ」と共に、製品本来のコンセプトである"家族みんなで利用するコミュニケーションロボット"から「家族団欒の温もり」を感じ取る事ができるものを映像で表現しました。また、主役であるアトムを引き立たせるために、背景のカラースタイルは涼しげな色合いで清潔感もプラスし、写真素材にはブラー処理をかける事でアトム製品が動画コンテンツ内でより際立ちました。 ※家族写真のブラー処理はあくまでも作品の表現手法によるものであり、肖像権を侵害するものや第三者の写真を無断使用などから隠蔽目的で処理したものではございませんので誤解の無いようお願い致します。

製品本来の性質と製品コンセプトを上手く融合できた映像作品

AIロボットという製品の性質、鉄腕アトムというキャラクターの印象、利用シーンをイメージできる製品コンセプトが全て上手くまとめられたと思います。元々この動画コンテンツのプロジェクト自体がコンシューマー向けに公開するインフォマーシャル動画ではなく、あくまでも製品発表の為のブランディングプロモーションビデオの為、この案件では製品のスペックやベネフィットの要素が含まれる描写を明確に表現するのは適切では無いと思いました。鉄腕アトムという強烈なカリスマ性とAIロボット製品の特徴をヴィジュアル的なインパクトでアピールし、製品コンセプト上のベネフィットも抽象的に表現し、視聴者がイメージを容易に膨らませる事ができるような動画映像作品になったと思います。

お仕事のご依頼や制作に関するご質問などお気軽にお問い合わせ下さい。

© HIGASHIYUKI Ⓡ 1981 – 2020 All rights reserved.
Get in Touch
Close